チーズとチョコレートのマリアージュにぴったりの

チーズとチョコレートのマリアージュにぴったりの

チーズとチョコレート、その意外な共通点


チーズとチョコレートは共通点が多く、とても美味しく、お互いを高め合っています。このアイデアは意外に思われるかもしれませんが、この2つの製品の関連付けは、長い間記憶に残るような味の爆発を引き起こします。


チョコレートには様々な種類があり、甘いもの、苦いもの、フルーティーなもの、キャラメリゼされたものなどがあります。例えば、ペルーのチョコレートはベネズエラのチョコレートとは全く違う味わい、と言われるように同じカカオを使って作られていてもその風味は様々。チーズも同じで、ミルクの種類(牛乳、山羊、羊)、生産地、放牧期間、標高、製造工程によって、香り、特徴、味わいが違ってきます。

 

チーズとチョコレートはどちらも嗜好品かつお酒とのペアリングにもぴったり。量を食べるよりも少量を少しずつたしなみ、味だけではなく香りや風味をたしなむなど楽しみ方もいろいろです。

そんな共通点の多いチーズとチョコレートを


ダークチョコレートとのハーモニー


そもそも、ダークチョコレートはとても濃厚です。そのドライで洗練された味わいは、シャロレーチーズ、ブリー、シャビチュウチーズと一緒に楽しむことができます。


苦みのあるチョコレートはリヴァロチーズ、ポン・レヴェックと一緒に食べると幸せになれます。チョコレートの素朴さが、この3つの美味しいチーズの味をさらに引き立て、完璧なハーモニーを奏でます。


以外にもダークチョコレートはブルーチーズとも相性抜群!フルムダンベールと一緒に、またはロックフォールやフィグ&ナッツと一緒に味わうことをお勧めします。



ミルクチョコレートとのマリアージュ

 

甘さのあるミルクチョコレートはエメンタールやトム・ド・サヴォワなどセミハード系チーズにあわせることをお勧めします!


フランスのデザートの定番、チョコレートムースはチーズと一緒に食べても美味しいですよ。ボーフォール、15ヶ月、24ヶ月、36ヶ月熟成のコンテチーズ、エメンタールチーズなど、この美味しいデザートと一緒にサーブしたら、きっと喜ばれることでしょう。


ホワイトチョコレートと合わせるなら?

 

実はホワイトチョコレートはチーズとは少し合わせにくいチョコレートです...。でも、喜ばれるはずの定番があるんです! ホワイトチーズと呼ばれる白いチーズとホワイトチョコレートは、特にデザートタイムにおすすめ。ソフトでクリーミーなこの2つに赤いフルーツを加えると、より美味なくみあわせに!


フランスから美味しいご褒美グルメをお届けするLe Comptoir(ル・コントワール)。日々をご機嫌にちょっと贅沢に過ごすサプライズチーズボックスをご自宅にお届け。毎月の楽しみをあなたに。