発表!最も臭いチーズトップ10

発表!最も臭いチーズトップ10
Heading

チーズが臭くなるのはなぜ?

チーズの匂いの原因は、細菌。チーズを作る際に、牛乳を分解して熟成を進行させるバクテリアや菌を意図的に残すことが原因です。

その結果、チーズには多くの乳酸とバクテリアが含まれており、これこそが匂いの原因です。バクテリアによって臭いは異なり、どのバクテリアを多く含むかによってチーズの香りにも特徴が生じます。

特にチーズの皮は実質的にはほぼ細菌のみが残っている状態で、それがチーズの味と匂いを強くするとともに、ものによっては皮は食用では無いのはそのためです。

一番臭いチーズとは?

臭い臭いと言われてしまいがちなのがチーズ。冷蔵庫の中では悪者扱いですが、臭みのないチーズとはほぼイコール味のないチーズであり、その風味は非常に弱く奥深さに欠けます。実際チーズ好きのフランス人は匂いあってのチーズ、と臭みを評価しています。 特徴的な匂いこそがチーズの成功の秘訣であり、面白さでもあります。

チーズは特徴的で主張するような匂いがするものこそ、真のチーズと言えます。もちろん、フレッシュチーズと熟成が進んだチーズとの間には匂いの段階がいくつかあります。あまり熟成されていな)

若いチーズや低温殺菌牛乳で作られたチーズは初心者向けと思われてしまいがちなのも事実です。と言うのもチーズの専門家であるテイスターこそ強い香りのするチーズを好む傾向があるため、匂いが強いチーズほど通な人向け、と言う印象があるからです。

2004年にイギリスのベッドフォードシャーにあるクランフィールド大学の研究責任者であるスティーブン・ホワイト博士が香り高いチーズのランクづけを行う研究結果を発表しました。

このランキングは、電子的な人工の鼻と19人の熟練テイスターの鼻、両方を使用して行われました。今回対象となったチーズはフランス産チーズのみですが、有名どころのチーズがラインナップされており、お気に入りのチーズもランクインしているのでは無いでしょうか。

勇気のある方は香り高いチーズをぜひ試してみてはいかがですか?


1位 - ヴィュー・ブーローニュ:7~9週間の熟成。

2位 - ポン・レヴェック:6週間の熟成。

3位 - カマンベール:21日間の熟成。

4位 - ミュンスター:3週間熟成。

5位 - Brie de Meaux : 4~8週間熟成。

6位 - ロックフォール:熟成期間3ヶ月。

7位 - レブロション:3~4週間熟成。

8位 - リバロット:熟成90日。

9位 - バノン:1~2週間熟成。

10位 - エポワス:4~6週間熟成。

本場フランスのチーズが食べたくなったら

フランスから美味しいご褒美グルメをお届けするLe Comptoir(ル・コントワール)。日々をご機嫌にちょっと贅沢に過ごすチーズとワインのボックスをご自宅にお届け。毎月の楽しみをあなたに。