Brie à la truffe

ブリー・ア・ラ・トリュフ・ロワイヤル

牛乳🐄 白カビソフトタイプ 熟成期間 :10日以上 生産地域:フランス・セーヌ=エ=マルヌ(Seine-et-Marne)
例:200gを選ぶと200gにカットしたピースを1点、200gと300gを一点ずつ選ぶと総量である500gにカットしたピースを1点お送りします
¥5,200
税込

About - Brie a la truffeとは

ブリー・ド・モーをベースに トリュフ・ド・ラ・サン=ジャン(Truffe de la Saint-Jean:サマートリュフ) をたっぷり加えた特別な機会にぴったりの一品!トリュフ・ド・ラ・サン=ジャンの破片を混ぜたペーストを一枚ずつ手作業で詰め込み、そのフィリングの秘密は門外不出の特別なレシピ。熟成とともに強まる香りは、マッシュルームを思わせます。熟成がピークに達すると、内部は柔らかく光沢があり、麦わら色からバター色に変化します。

ブリーで有名な生産者、ルゼール(Rouzaire)やドンジェ(Dongé)と並ぶブリー・ド・モー製造の老舗、フロマジュリー、ルナール・ジラール(FROMAGERIE RENARD GILLARD)が生み出した本商品。135年以上にわたってブリー・ド・モーAOPと、無殺菌乳で作られる白カビチーズ「クロミエ」を提供しています。自社工場で独自の熟成発酵菌を培養し、メゾンが誇るスペシャリテを開発したのです。

Journey - Brie a la truffeの歴史と背景

‍ブリー・ド・モーの世界的な名声は、1814年、ウィーン会議で開催された美食コンクールで「チーズの王様」と宣言されたことで確立されました。パリの市場に近い場所で作られていること、魅力的な木箱に入って売られていることも、その名声に貢献しました。

瞬く間に人気となったブリーチーズにトリュフを入れる、という発想はいつ生まれたのでしょう?起源は定かではありませんが、19世紀には既に存在していたようです。

19世紀に活躍し、「シェフの王と王のシェフ」« le roi des chefs et le chef des rois »の著者として名高いマリー・アントワーヌ・カレーム(アントニンとして知られる)の料理本には、トリュフ入りブリーチーズの痕跡が見られるとされています。

非常に貧しい家庭に生まれたアントニン・カレームは、タレーラン大臣のシェフとなる前の12年間、パティシエとして働いていました。宮殿での料理を通じて、彼は高級料理の概念を確立し、シェフの帽子を発明し、洗練されたトリュフレシピを開発するなど、多くの功績を残しました。その才能はロスチャイルド家にまで評価され、招かれるようになったのです。

Comment manger - ブリー・アラトリュフの食べ方

ブリー・アラトリュフはもちろんそのままカットして、溢れ出る濃厚なチーズとトリュフの美味しさを堪能していただいても、パンに載せていただいてもとても美味しくいただけます。様々な食べ方を是非お試しください!

ブリーチーズの表面に赤い斑点や模様がみられることがありますが、熟成する過程で自然に発生するものです。身体に害はございませんので安心してお召し上がりください。

Taste & Mariage - 味、組み合わせ方、レシピ

常温で、コート・デュ・ローヌ、ボルドー、ブルゴーニュの赤ワイン、あるいはシャンパンと合わせるのが理想的。舌の肥えた美食家たちの五感と味覚を呼び覚ます、格調高い一品には、ぜひ極上のワインをあわせて。

買い物カゴ

サブスクリプション会員の方へ

会員特典30%オフをご利用の場合は、ご購入手続きに進む前にこちらからアカウントにログインしてください。
本ページからエクスプレスチェックアウトを利用すると会員特典30%オフが自動適用されないため、ご注意ください。

お問い合わせをいただき誠にありがとうございます。順次カスタマーサービスがお返事をさせていただきますのでお待ちくださいませ。 Merci!ニュースレターにご登録ありがとうございます。初回10%オフクーポンコード:BONJOUR10 Merci!再入荷した場合はメールでお知らせいたします。 全ての在庫が他のお客様のカートに入っています。 在庫が残りわずかです。お急ぎください。 在庫が残りわずかです。お急ぎください。