ウォッシュ チーズ

Fromages à croûte lavée

ウォッシュ チーズ

ディスカウント

ヴァシュラウス・ダルジェンタル

¥4,380¥2,628
Langres

ラングル

¥3,800
ディスカウント

パヴェ・デュ・ラザック

¥3,400¥2,040

Recently viewed

ウォッシュチーズ

ウォッシュチーズは、外皮を塩水や酒で洗いながら熟成させるチーズのことで、外皮は独特の強い香りを持ち、熟成が進むにつれ強くなります。一方で中身はまろやかで食べやすいため、外皮を取り除いて食べることも多いです。

ウォッシュチーズとは‍

ウォッシュチーズとはその強い香りが特徴で、多くのチーズ通に愛されているチーズです。外皮に菌をつけて、繁殖させることによって熟成をさせますが、外皮を定期的に塩水や酒、ビール、ワインなどで洗い、菌が増えすぎてしまわないようにしながら行います。何で洗うかによっても、風味や味が変わってくるため、それぞれ強い個性をもったチーズが生まれます。独特の強い香りを持ち、それを楽しむ方も多いですが、外皮以外はまろやかで食べやすいため、外皮を取り除いて楽しむのもよいでしょう。代表的なウォッシュチーズとして、モンドール、エポワス、タレッジョ、ラングルなどがあります。

ウォッシュチーズについて

ウォッシュチーズは、クセのある独特な香りと、味わいが特徴で、チーズ好きにはたまらない種類の一つです。しかし、その強い香りは外皮のみに現れるため、外皮を取り除けば、マイルドでクセも強すぎず、初心者の方もお楽しみいただけます。様々な食べ方を楽しめるのも、ウォッシュチーズが愛されてきた理由の一つなのです。

ウォッシュチーズの作り方

ウォッシュチーズは外皮の菌の繁殖が早いため、布や柔らかいブラシなどで洗いながら熟成を調節していくチーズですが、洗う際には、塩水だけではなく、土地ならではのワインやブランデーなどのお酒が使われます。そのため、産地によっても、生産者が何を使うかによっても、香りや味、できあがりが大きく変わる、個性の反映されやすい方法で作られます。外皮には、納豆菌と同種の、湿り気を好むリネンス菌をつけるため、強い独特のクセのある香りが生み出されます。

ウォッシュチーズの食べ方

ウォッシュチーズは、室温に戻して食べることをおすすめします。冷蔵庫から出して30分から1時間待っていただくと、本来の柔らかい触感をお楽しみいただけます。もちろんそのまま食べても美味しいですが、まずは外皮を除いて食べてみて、その後外皮に挑戦するのがよいでしょう。また、木の実やフルーツと合わせたり、焼いてライ麦パン・田舎パンに乗せて食べてもお楽しみいただけます。また、ワインとの相性は抜群です。ウォッシュチーズと同じ産地のワインを選ぶとより一層香りの相性の良さを実感できます。ウォッシュチーズは香りがとても強いので、強めの赤ワインがよく合いますが、熟成の進んだ白ワインなどとも楽しめます。自分好みの食べ方、ペアリングを探してみてください。

おすすめのウォッシュチーズ

初心者の方でも楽しめるウォッシュチーズは、ポン・レヴェック。洗われる回数が少なく、穏やかな香りとクセを持つため、初めてウォッシュチーズを挑戦する方にはピッタリです。木の実の柔らかなアロマを持ち、フルーティーな赤ワインとの相性は抜群。また、香りの強いチーズをお好みの方には、エポワスがおすすめ。オレンジがかった、少ししわしわしている見た目でとても柔らかく、香りやクセも強め。トロトロの食感で、牛乳のクリーミーさを実感できるチーズです。はちみつなどと合わせるのがおすすめ。

買い物カゴ

サブスクリプション会員の方へ

会員特典30%オフをご利用の場合は、ご購入手続きに進む前にこちらからアカウントにログインしてください。
本ページからエクスプレスチェックアウトを利用すると会員特典30%オフが自動適用されないため、ご注意ください。

お問い合わせをいただき誠にありがとうございます。順次カスタマーサービスがお返事をさせていただきますのでお待ちくださいませ。 Merci!ニュースレターにご登録ありがとうございます。初回10%オフクーポンコード:BONJOUR10 Merci!再入荷した場合はメールでお知らせいたします。 全ての在庫が他のお客様のカートに入っています。 在庫が残りわずかです。お急ぎください。 在庫が残りわずかです。お急ぎください。